HOMEストレス解消アロマレシピ集>花粉症
敏感な方は、もうそろそろ感じているんじゃありませんか??花粉の気配!

「今年の花粉は例年になく厳しい」なんて、ニュースで聞きますが、あなたはどうですか?

目のかゆみや充血、鼻水や鼻づまり、くしゃみなど、人によって症状はいろいろですが、とってもつらくてストレスも絶頂!!って感じですよね・・・。


実は、花粉症にはアロマテラピーが強い味方になってくれるんですよ。


エッセンシャルオイルは花粉症の様々なアレルギー症状に対する抵抗力を補い、花粉症の症状によるイライラや、疲労感などのストレスを静めてくれます。


外出先にはスッキリとした香りのエッセンシャルオイルを持ち歩いて、ティッシュに1滴たらして吸入したり、マスクに1滴(肌に直接触れない部分に)たらして香りをかいでもいいでしょう。

マグカップにお湯をはり、エッセンシャルオイルを1〜2滴落として、蒸気吸入するのもおすすめ。

お部屋の中の空気を浄化してきれいに保つなら、アロマライトで芳香浴を。アロマライトなら、火を使わないので夜中でも使え、朝まで爽快です!

ハーブティを飲んで、ホッと一息ついてみるのもなかなかいいですよ。


おすすめのエッセンシャルオイルとその働き

エッセンシャルオイル辞典参照

ユーカリ・・・・・・鼻水、鼻づまり解消し、頭の中をスッキリさせます。
ペパーミント・・・・・・鼻水、鼻づまり解消し、ストレスを軽くします。
レモン・・・・・・意識をはっきりさせ、リフレッシュさせます。
ラベンダー
・・・・・・各種アレルギー症状に効果があり、こころをおだやかにします。
ローズ・・・・・・各種炎症を静めて、こころに幸福感をもたらします。
カモミール・ローマン・・・・・・目のかゆみなどのアレルギー症状をやわらげ、リラックスさせます。
ティートリー・・・・・・空気をきれいにするので、室内の花粉が気になるときに、芳香浴で。


おすすめエッセンシャルオイルの中で、好きな香りのものを1滴〜適量、もしくは下のレシピを参考にブレンドして使います。

一番簡単なのは、ティッシュペーパーなどに1滴たらして香りをかぐことですね。


レシピ


芳香浴

レシピ1
 
ユーカリ2滴+ペパーミント1滴

レシピ2
 ユーカリ1滴+ラベンダー3滴+レモン1滴

レシピ3
 カモミール・ローマン1滴+ローズ2滴+ラベンダー1滴


部屋でゆっくりできるときは、アロマライトなどで香りを広げましょう。

外出先や急ぐときは、ティッシュペーパーなどにエッセンシャルオイルをたらして香りをかいでみましょう。


アロマバス
<全身浴>

レシピ1
 
ユーカリ4〜5滴


38〜40度のぬるめのお湯をはり、エッセンシャルオイルを加えます。
エッセンシャルオイルを加えて、よく混ぜ香りの湯気が立ち上ったところでゆっくりとつかりましょう。

ユーカリの香りが鼻水や鼻づまりを楽にします。また、つらい症状でたまったストレスを解消し、花粉症に対する抵抗力も高めます。


温湿布

レシピ1

 ラベンダー3滴


頭痛や頭が重い感じが伴うときには、後頭部、目、首の後ろ、鼻への温湿布が効果的です。

@洗面器にお湯を入れ、ラベンダーのエッセンシャルオイルを3滴以下落とし、タオルに含ませます。

Aタオルをしぼり、湿布をする部分にあてます。

湿布は長く肌に密着することになります。肌のエッセンシャルオイルに対する反応や、湿布の時間に気を配りましょう。気持ちよくてそのまま寝てしまったりしちゃダメですよ(笑)。


>ページトップへ

  
「簡単」アロマ花粉症対策グッズのご紹介  販売元:ケンコーコム


花粉の季節にぴったりのオリジナルブレンド(ユーカリ、カユプテ、マートル、レモン、オレンジ、ローマンカモミール)です。ココまでの種類のエッセンシャルオイルをそろえてブレンドするのって、現実問題むずかしい・・・。な・の・で、すでにブレンドされているエッセンシャルオイルを使うのはどうでしょう?とってもさわやかな香りです。
おすすめ度★★★★★

>生活の木 ブレンドエッセンシャルオイル 花粉シーズン 5ml



花粉症に効果のあるエッセンシャルオイル(ユーカリ、ティートリー、ペパーミント)が、お手ごろサイズの1mlずつの3本セットになってます。気軽にアロマテラピーのブレンドを楽しんでみたいあなたに。
おすすめ度★★★★☆
>生活の木 トライアル 花粉シーズンセット



なんと、花粉症のためにブレンドされたハーブティーです。花粉症に効果アリと最近話題のハーブがブレンドされていて、飲むとすっきり!継続して飲むと花粉に対する抵抗力もつきますよ。
おすすめ度★★★☆☆

>カリス ハーブホールティー 花粉シーズンブレンド





※1 光毒性に関して
ベルガモットやレモン、グレープフルーツなど、柑橘系果実の皮を圧搾して採った精油などに含まれる成分(ベルガプテン等)は、日光・紫外線によって反応し、肌に刺激を与えることがあります。これら光毒性の可能性のある精油を外出前や外出中に使用するときは十分ご注意ください。

※2 皮膚刺激に関して
使用中、異常にかゆみや刺激などの異常が現われた場合は、使用を中止し、大量の水で洗い流してください。

※ご注意
アロマテラピーは、医術や医学ではありません。
精油を使うときには、製品についての注意事項を必ず読み、正しくお使い下さい。
妊娠中の人、重い病気の人、慢性的な病気のある人など、体の健康状態が気になる人は、必ず事前に医師にご相談下さい。
当サイトはアロマセラピーに関する行為によって生じたいっさいの損傷、負傷、その他についての責任は負いかねます。
十分にお気をつけになってお楽しみください。
Copyright (C)  2004 aroma smile. All Rights Reserved.