アロマテラピーでストレス解消!アロマスマイル
HOME>アロマの資格・お仕事


アロマの資格
アロマのお仕事


アロマの資格     

アロマテラピーに関する資格は、日本アロマテラピー協会が認定する資格です。一般の人向けの、基礎的な知識を問う「アロマテラピー検定」から、プロのための資格まで幅広くあります。
では、各資格の解説をしていきますね。


 アロマテラピー検定1級、2級

一般の人を対象としたオープンな資格試験です。年2回、5月と11月に試験が実施されます。
受験資格は特になく、誰でも何級からでも受験可能。年齢、経験など、制限はありません。
解答はすべて4択式のマークシート。1級と2級を同日に受験することも可能です。

アロマのことがもっと知りたいな、って思ったら勉強がてら気軽に受験してみるといいですよ。
興味のあることだから勉強も苦にならないし、合格率も約90%と高いんです。


  試験の内容

【2級】
アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識が問われます。

・アロマテラピー利用法
・安全のための注意
・精油のプロフィール 10種類 (イランイラン、スウィートオレンジ、ジュニパー、ゼラニウム、ティートリー、ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー、レモン、ローズマリー)
・精油の基礎知識
・アロマテラピーの歴史  など

【1級】
2級の内容に加え、アロマテラピーを家族や周囲の人とともに楽しみ、健康維持のために用いる知識が問われます。

・アロマテラピー利用法と基材
・精油のプロフィール 20種類(2級の10種類に加えて以下の10種類)(カモミール・ローマン、クラリセージ、グレープフルーツ、サンダルウッド、マジョラム、ネロリ、オリバナム、ベルガモット、レモングラス、ローズオットー)
・精油が働くしくみ
・ストレスや疲労に負けない健康学
・アロマテラピーに関係する法律  など

【1級、2級共通】
香りをかいでエッセンシャルオイルの名前をあてる問題が2〜3問出題されます。

「えー、難しそう・・・」と思われるかもしれませんが、出題範囲内のエッセンシャルオイルだけが出題されますし、4択の中でかぎわけがむずかしいもの(たとえばベルガモットとグレープフルーツとか)はなく、はっきりかぎ分けられる香りが出題されますのでご安心ください。


 アロマテラピー検定1級、2級 受験対策グッズ 
受験勉強の仕方としては、テキストは必須アイテムです。それに加えて、試験問題になれるために問題集を2〜3回解いておくと完璧だと思います。香りのかぎわけ試験対策もお忘れなく!

勉強期間は、全くはじめてアロマに触れるような人で1ヶ月、アロマについて多少知識がある人は2〜3週間くらいで十分だと思います。早めに勉強を始めるにこしたことはないんですけどね。

アロマテラピー検定2級検定テキスト【アロマとハーブのお店 プリヴェイル】 アロマテラピー検定1級検定テキスト【アロマとハーブのお店 プリヴェイル】
2級テキスト
販売元:プリヴェイル
1級テキスト
販売元:プリヴェイル

  検定問題集



 AAJ(日本アロマテラピー協会)認定 アロマテラピーアドバイザー

精油、その他の材料の利用法やリラクゼーション、リフレッシュなどのアロマテラピーの効用の知識を持ち、安全性や法律面から正しく社会に伝えることのできる能力を認定する資格です。

販売にたずさわったり、一般の人に安全なアロマテラピーをアドバイスするために適した資格です。

アロマテラピー検定1級合格後、AAJに入会し、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講すると認定されます。



 AAJ認定 アロマテラピーインストラクター

一般の人々が家庭や地域社会で、安全で正しいアロマテラピーを実践できるよう、必要な知識や方法を専門家として指導できる能力を認定する資格です。

地域での文化教室や専門スクールの講師として、またはボランティアとして、教育活動に携わるために適しています。

アロマテラピーアドバイザー資格取得者が、アロマテラピーインストラクター試験を受け、合格すると認定されます。



 AAJ認定 アロマセラピスト

一般の人にトリートメント(マッサージのことです)やアドバイスを含めたアロマテラピーを提供できる能力を認定する資格です。

プロのアロマセラピストとして、あるいはボランティアとして第3者にアロマテラピーを実践するために適した資格です。

アロマテラピーアドバイザー資格取得者が、アロマセラピスト試験(学科、実技、カルテ審査)を受け、合格すると認定されます。

  

アロマのお仕事

アロマショップの店員さんやアロマサロンでのお仕事、インストラクターとしても活躍の場があります。
もちろん知識と経験があれば、独立開業もできます。

最近では、香りがもたらす癒しの効果が、介護福祉の分野でも注目されていて、ホームヘルパーや介護士の方が、+αの技術として、アロマセラピーを身につけるケースも目立ちます。



ページTOPへ

HOME
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


※ご注意
アロマテラピーは、医術や医学ではありません。
精油を使うときには、製品についての注意事項を必ず読み、正しくお使い下さい。
妊娠中の人、重い病気の人、慢性的な病気のある人など、体の健康状態が気になる人は、必ず事前に医師にご相談下さい。
当サイトはアロマセラピーに関する行為によって生じたいっさいの損傷、負傷、その他についての責任は負いかねます。
十分にお気をつけになってお楽しみください。


Copyright (C)  2004 aroma smile. All Rights Reserved.